解体工事で安全な環境改善を行なう|悠々自適な生活空間

たくさんの家

奇跡の鉱物

天井

アスベストの特徴と被害について

アスベストは天然の鉱石で、カナダ、中国、アフリカ各国で算出され、日本でも北海道や九州地方を中心に発掘されます。特長としては安価であり、耐熱性、耐久性、電気との絶縁性に優れており、建設資材や自動車、家電などの素材として重宝されてきました。「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。しかし、飛散性が高く、空中に浮遊するアスベストの微塵が肺がん等の人体被害を誘発することが報告されて以降、その後の研究によって発がん性物質を含むことが発表されています。世界的にアスベストの使用が制限され、現在では完全廃止の方向へ進んでいます。日本でも、1970年代にアスベストの使用が禁止され、2000年代には含有比率が1%を超える製品の出荷が禁止されました。

2020年以降にピークを迎える

現在までにアスベストによって人体に被害を受けたり、死亡した人々が少なからず、報告されております。例えば、建設現場でアスベストを使用した建設作業者などがその例です。また、それらの近隣に居住していた住民も一部被害を報告しています。その方々に対する補償に関する法律の整備がされてきましたが、まだまだ発生する可能性があります。今後の問題は、アスベストを使用した建設物を解体工事する際に発生する発がん性物質の処分です。使用制限や禁止がなされる前に建設された大型建造物や鉄道施設が建設され、それらの解体工事によって発生するアスベストの残骸を法律に基づいて処理しなければなりません。なお、この問題のピークが2020年以降に発生すると見込まれています。したがって、アスベストに関わる法整備は、まだまだ改良の余地があります。

アスベスト問題

鉱物繊維

アスベストは多くの建物に使用されてきました。しかし近年は様々な事象によって危険物質と認知されています。現在でも屋根に使用されていることが多いですが、改善した方が良いのです。

詳しくはこちら

インターホン交換を行う

機械

時間がない人にとっては短い期間でインターホン交換を行ってくれる業者を利用したいものでしょう。最近は質の良い業者が多くなってきています。驚く程素早い対応を実感できるでしょう。

詳しくはこちら

防犯意識を高める

機器

近年は、さまざまな犯罪事件が起こっています。自分自身や家族の身を守るためにも防犯意識を高めることが大切です。防犯対策の一つとして、古くなったインターホンをリニューアルすることが挙げられます。

詳しくはこちら